着付けの知識

着付けの習い事をするなら知っておきたい「湯のし」とは

着付けの習い事をするなら知っておきたい「湯のし」とは 着付けの習い事をするなら知識として知っておきたい「湯のし」とは反物に蒸気を当てて生地を柔らかくするのと同時に、シワを伸ばし、縦糸と横糸の繊維を等間隔にし、幅を整える作業のことをいいます。
洗い張りの仕上げや、ガード加工の前、仕立ての前に行われる織物仕上げの工程のひとつです。
天然繊維である絹はとても伸縮性がつよい素材で、特に友禅染めは、何度も繰り返してみずをくぐるので、縮みが激しくなりがちなために、最終段階だけでなく染色の工程の中でもこの工程を行うこともあります。
ちなみに、昔ながらの手作業によるやり方と、機械によるやり方とがありますが、現在ではほとんどが手作業ではなく機械を使っての作業が一般的になっています。
湯通しという似た言葉もありますが、こちらは反物をぬるま湯に浸してノリを落とし洗うという作業をすることです。
習い事として実際に湯のしを体験してみれば、着物ができるまでの知識がもっと深まります。

個人で着物が着られるように着付けの習い事を始める

個人で着物が着られるように着付けの習い事を始める 和服は日本人にはなくてはならない大切な伝統的ファッションなのですが、この現代ではこれを身に纏う人が少なくなってしまったことは残念なことです。
これは現代社会の様子をよく考えてみれば仕方ないことだとも言えます。
しかし、冠婚葬祭などではいまだに着物は重宝されているのも事実です。
大概は着物を着るために美容室などで着付けをしてもらうのが一般的でしょう。
これを個人でしっかりと着ることができれば、必要なときにはいつでも気軽に身に纏うことができます。
そのためにも着方が学べる習い事に通うこともおすすめです。
そうした習い事ができるところは今は多くあります。
何も冠婚葬祭でなくても普段の日に着物を着ることだってできるのですから、これは素敵なことではないでしょうか。
今は外国人観光客の間でもこの着物は人気で、京都などの観光スポットへ行けば、外国人がおしゃれな着物を着て町を歩いている様子を目にすることができます。
日本人も負けてはいられません。

新着情報

◎2023/8/4

情報を更新しました。
>習い事だけでなく独立もできる着付けの資格とは
>習い事の中でも着物の着付け教室は人気があり無料で体験教室を行っている
>着付けの習い事では着物の種類について学べる
>着付けの習い事は自宅でも行えるって本当?
>習い事で人気が高まる着付けの習得時間を知る

◎2021/12/8

情報を更新しました。
>着付け対策には習い事に通うことで初心者でも取得出来る
>男性の着付けの習い事は今意外と注目されている
>着付け教室の習い事にかかる費用の相場とは
>仕事をしながら着付けの習い事をしたい時の教室選びのポイント
>着付けの習い事は性格で決めることがポイント

◎2021/1/15

無料体験は複数通ってもいい?
の情報を更新しました。

◎2020/10/28

取得できる資格の種類
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「習い事 個人」
に関連するツイート
Twitter

面会交流は大事だけれど それが習い事(新しく始める物含む)や、友達との遊びといった「子どもの時間」より大事かな?🤔 必要以上に子や同居親に負担のかかる面会交流や、その継続はどうなのだろう? 他の方も仰っていたように 面会交流が目的の面会交流ではなく、目的はその先。 だと個人的に思う。

返信先:子供の頃に『ごっこ遊び』してないからじゃないかな。小さい時から習い事が増えて遊ぶ時間が減った。『遊び』の中で多くの社会性を学ぶ事も多い。 個人で楽しめるツールが増えたってのも有るけど。

長男習い事にて、珍しく個人個人に先生からのコメント 〇〇の部分は良いよ他の子よりできてる、△△は相変わらず苦手だねという話があったらしい。 それ聞いて〇〇しか他の子に勝ててない、一緒にやってる子が〇〇が出来るようになったらもう良いところないじゃん…と凹んでる

指導者が信用できなくなった時点で、次かな。。小3、変わるなら今か。三姉妹に甘えて妹は姉と同じ習い事をしてきたけど、1番上と1番下が7つ離れてるのがな。7年あると変わるし、見なくて済んだはずのものが見えてしまった。これ以上、意見するのもしんど。私個人なら「はい、次」って行くんだけどな。

なんか「どういう本を読ませたり習い事をさせたら息子のように賢く育つのか」って熱心なママさんに聞かれることあるんやけどさ、個人的には本や習い事の内容なんてどーーーでも良くて「新しいことを知ったときに生じる子どもの小さな疑問に親がどれだけ本気で向き合えるか」で変わると思うんよね。→